前の話 表紙に戻る 次の話

[←/J] 次のページ   [→/K] 前のページ   [L] 次の話   [H] 前の話
[N] 表示切替   [O] コメントページ  

俺の妹はおっぱいがでかい

 
世界を侵食していく
暴力的なまでの肉の波
 
人を
家を
大地を
全てを飲み込んでそれは膨張す
 
それの体積が増えるのに比例して
被害も爆発的に増
えていく
 
全てを飲み込むその禍
しい渦は
もはや一つの災害
 
自衛隊の対応は
迅速ではあ
だが
手遅れであ
 
一つの県を飲み込み
地図を乗り換えている最中のそ
れにと
ては
 
もはや陸上自衛隊一個師団による一斉放火すら
蚊が
刺したようなものだ
 
なんで
なんでこんな事にな
たんだ
 
いち早く危機を察知し新幹線で逃げ出した俺
だが
窓からはあの肉塊が今もなお膨らんでいるのが見える
 
どこに逃げても同じ
 
あのおぞましい肉の奔流は日本を
地球を
いや
ずれ宇宙すら飲み込んでしまうだろう
 
全ては
俺のせいだ
 
俺が
 
バタ
 
藍子
 
ぱい揉ませろや
 
うを
 
くりした
おにいいきな
り何を言い出すの
 
うるせえ
 
今俺はクラスのアイドル並木に三日
三晩考えたと
ておきの告白したものの普通に断られた
あげく噂がクラス中に広まり笑い者にな
た上に真中惨
敗とかいちご
%とか呼ばれて傷ついた俺のハ
トは翼
の折れたエンジ
ルなんだよ
 
俺を慰めろ
 
胸でだ
 
駄目だよ兄妹同士でそんな事
 
馬鹿野郎
 
今泣いているのは俺のち
んこじ
ねえ
 
心だ
 
俺を動かしているの
は性欲じ
なく飢餓
 
欲しているのは肉じ
なく愛
 
安らぎを
 
癒しを
 
潤いを
 
求めてるんだよ
お前にな
 
それじ
あお母さんでもいいじ
ない
 
お前おかんにお
ぱい揉ませて甘えさせろ
て言う
俺とそれを聞いてさめざめと泣きながら胸を出すおかん
の姿見たい
 
絶対に見たくない
 
残業で疲れてるおとんにお
ぱい揉ませて下さい
て土下座する俺とどこで育て方を間違えたんだろうな
て哀愁漂わせながらも上着を脱ぐおとんの姿見た
 
死んでも見たくない
 
ああああああ
お前しかいね
よなああ
ああああああ
 
てよ
 
幼馴染のくみち
んとかおにいの
事好きじ
ない
 
顔もかわいいし
 
拓海は男だよ馬鹿野郎
 
私はち
と見たいけど
 
ゴチ
ゴチ
てね
で服を脱ぎやがれ
 
神力開放
プンセ
 
ぬわ
ガンが
 
深淵
即ち無限
リンクザブラ
 
ワイシ
 
無明にて盲にあらず
ヒア
トイズオ
 
中シ
ツまで
 
とそれ以上は
 
そこにいた自分自身
インフ
ワン
 
ブラジ
を掴んで何か
こつけてるの
 
返してよ
 
君に感謝を
テンコ
 
スカ
トは関係ないでし
 
おにいの馬鹿
 
シスコン
 
そこはまあ流れだ
そんな事よりお
ぱいだ
 
ダイブザお
ぱい
 
ぱいイズマイン
 
うぎ
あああああああああ
 
犯される
誰か
 
誰か
ポリスを
 
 
 
忘れていた
俺はお
ぱいを求めるばかりに
当たり前の事を失念していた
 
おにい
 
なんで泣いて
 
俺の妹に
ぱいは存在しない
 
 
妹の良心を利用し
半ばわいせつ罪のような真似
をしてまで
俺が掴みたか
たものが
これかよ
 
ぺたんこぺたんこ
 
良心を利用されてもないし半ばじ
なくて完全にわ
いせつ罪だよ
 
人の胸を好き勝手弄
た挙句それか
 
無いものは弄くれないし
 
あるよ
 
ここに存在してるよ
 
柔らかく
母性溢れる私のお
ぱいが
 
の慎ましく
も儚げで上品であり一つの芸術に例えられる美しき私の
ぱいは
 
確かにここに存在してるよ
 
 
 
一般的に
サイズの胸
てのは存在しないもの
と同義に見なされてるよ
 
 
 
グゴポ
のどを
 
いいでし
 
いいでし
うとも
 
私は
その言葉を宣戦布告と受け取
 
活目しやが
れ糞おにい
 
てやろうじ
か巨乳によ
 
馬鹿を言うな
無から有は生まれな
禁忌にでも触れん限りな
 
ならばこれを禁忌と呼ぶのだろう
 
小瓶
 
なんだこれは
 
あまりのうさん臭さにある種の感動すら覚えた謎の
おばあち
んが
円で売
ていた薬
 
パイデ
カクナ
 
お前馬鹿なんじ
ないの
 
私だ
て疑
たよ
 
でもおばあち
んは確かに言
たんだよ
 
本物かどうかはお買い上げにな
た方
のみが解るのでございます
 
それ八割方バ
ドエンドになるパタ
ンだよな
 
衝動に任せて買
てしま
たものの非常に後悔して
たらおにいが煽
てくれち
てさ
 
私が
ボインにな
たら一生おもち
にしてやるぜ
グへ
へへへ
 
はいはいな
たらな
あとそのゲス顔はお兄ち
どうかと思う
 
一粒
 
ごくん
 
 
 
おにいメジ
 
はいち
と失礼すんよ
とね
 
 
ぱいですね
 
二粒
 
どれどれ
 
 
ぱいですね
 
一粒で
刻みか
らくせ
 
ガゴゴゴゴゴゴ
 
おい馬鹿
薬は用法用量を守
て正しく使わな
いと
てこの瓶にも
 
ははははは
 
見なよおにい
 
私のお
ぱい
がみるみる大きく膨らんでいく
 
賭けは私の勝ちだ
 
まずはくみち
んのそそり立つジ
イステ
をおにいのウメハラにレッツゴージャスティーン
あれ
どこまで
 
俺があの時止めていれば
こんな
じみ
たことにはならなか
 
ぱいと言う名の肌色の暴力は
未だ留まることを
知らずに拡大を続けている
 
手の中の瓶の注意書きを眺める
 
一度に一粒で
二粒で
大きくなります
以後
と増えていきま
用法用量にお気をつけ下さい
 
藍子は一体何粒飲んだだろうか
少なく見積も
ても
は飲んだな
 
想像するだけで恐ろしい
スパコンを稼動させる
レベルの膨張率だ
バイバインよりひどいんじ
ないか
これ
 
未だかつてチ
モランマを超えるお
ぱいが誕生する
とは誰も想像し得なか
ただろう
 
で超乳
て検索してもそうそうお目にかか
れないサイズだ
 
やがてあの乳は膨張の果てにビ
グバンを引き起こし
今ある宇宙を押しのけて新しい宇宙へと成り代わること
だろう
 
そして
全てを滅ぼした中心にいる藍子は何を思うだ
ろうか
 
全生命体が圧死した後に一人残された
哀れな
我が
妹は
 
おかえ
どうした藍子
 
何で泣いてるんだ
 
ぐす
おにい
クラスの男子に
男みた
いだ
 
どこの誰だそんな事言
たクズ野郎は
 
住所
教えろ
 
お兄ち
んがぶん殴
てやる
ガラ
ガラ
拓海
 
いるか
 
いるな
 
カチコミ行くぞ
 
おにい
て揉んだら大きくなる
てほんと
 
どうだろうな
拓海は自分の毎日揉んでるらしいぞ
効果は見えんが
 
私の胸
揉んでみたか
たりしない
 
いいです
むしろ大きくな
てから揉みたい
 
成長しても揉ませてあ
げない
 
戻らないと
 
何を逃げているんだ俺は
 
何から逃げているんだ俺は
 
例え胸圧で潰され
乳の染みとなろうとも
 
例え万人に
世界に仇なす兄妹と罵られようとも
 
た一人の妹の近くにいてやらないで
どうす
るんだよ
 
だが
 
俺が決意を抱いた次の瞬間に
 
繰り返します
本日午後三時
原因不明の生体
災害に対して核による攻撃を開始することが政府より発
表されました
既に被害は甚大であるとし
 
遠い遠い空の向こうが
朱に染ま
 
やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
 
 
藍子
ぱい揉ませろ
 
どん引きだよお兄ち
 
いつもの日常
変わらない
俺達の日
 
いいだろ
助けると思
お小遣いも出すぞ
 
お金を取
たら本格的にポリス沙汰になりそうだか
らいいです
 
俺の妹は偉そうだけど優しくて
ぴりバカで
 
お願いします
今ち
とマジで凹んでて
当に泣きそうなんだよ
なんでか知らないけど悲しい
んだ
 
とだけだよ
ちんこ出しち
だめだ
れ妹の巨乳を堪能しなさい
あとアイス買
きなさい
絶対ちんこ出しち
だめだよ
 
出さね
 
俺は変態か
 
変態だよ
 
アイスが大好きで
腰まで伸ばした髪からは兄を誘惑
せんと良い匂いを出していて
 
ありがたや
ありがたや
おお
ぱいじ
慈しみ溢れるお
ぱいじ
 
ナチ
ラルに服の中に手を入れるな
全く
お兄ち
んは私がいないと駄目なんだから
 
おまけに俺好みのでかいお
ぱいをしていて
 
お兄ち
 
 
どうかした
 
いや
ごめんな藍子
ぱいまで揉んでおいてな
んだが
お前は
俺の妹とは
別人だ
 
それ
てどういう
 
目の奥が熱くな
たのは
巨乳に癒されたせいではな
いのだろう
 
俺の妹は
ぱいが小さいんだ

前の話 表紙に戻る 次の話

 はまらん 先生に励ましのお便りを送ろう!!