前の話 表紙に戻る 次の話

[←/J] 次のページ   [→/K] 前のページ   [L] 次の話   [H] 前の話
[N] 表示切替   [O] コメントページ  

それから

 
安定した亜光速航行が可能にな
てから五十年の時が
流れた
 
増えすぎたり減りすぎたりした人
は新天地を求めて
宇宙と言う大海原へ漕ぎ出してい
 
宇宙船の中で幾度と無く世代交代を繰り返し
途中で
良さげな惑星にふら
と立ち寄
ては気に入
た何割の
人間が移住する
 
そうして人類は着
とその巣を広げ
トワ
クを
拡大してい
 
と四百年が過ぎた頃には半永久に生存できるシス
テムも確立し
たアンドロイド工学やクロ
技術
ルドスリ
プもあり
寿命と言う概念が薄ら
ぐ程に至る
 
余りある時間を手に入れた人
はのんべんだらりと宇
宙を漂
 
あてもなく
目的も大したものはなく
 
宇宙船の動きもなんかテキト
にな
てい
きり
もみ回転とかしてた
 
それから
 
亜光速航行が超光速航行にシフトしてから千五百年ほ
どブラブラと彷徨
た結果
船が何かに激突した
 
スペ
スデブリやら隕石やらはレ
が察知し避け
てくれるはずだ
たのに
船員は驚いて状況を確認する
 
保護色にな
ていて非常に発見が困難だ
たそれは
未知のステルス機能を搭載した戦艦だ
たのだ
 
大きさはこちらの三分の一ほど
とは言
ても全長は
軽く数
程ある巨大な戦艦である
 
船長達は対応に困り果て
面倒くさそうだから見なか
たことにしようかなどと相談していたら通信が流れ込ん
できた
戦艦からだ
 
スプレイには人類目線から見てなんか気持ち悪い
動物だか植物だかわかんないサ
モンピンクの体色をし
目が一つ八本腕のクリ
が映し出され
何や
ら怒鳴りたてている
 
言語はちんぷんかんぷんだが
どうやら
変な動きし
てるんじ
バカ野郎
避けられね
だろ
 
凹んだ
とこの修理代払え
みたいな感じの口調だ
 
船員達も謝
てはみたものの
奴さんの怒りは一向に
収まらない
怒声の周波数も人間に取
ては体調に異常
をきたしかねないものだ
たので
船員達は困り果てて
しま
 
どうしようこれ
と顔を見合わせあう船員達を押しの
船長がデ
スプレイの前へと座
厳粛な面持ち
である
 
どうやら責任者が来たようだ
と黙る宇宙人に対し
船長は鼻の穴を片方塞いだ
そして
 
フン
 
べち
 
鼻クソを思い切り飛ばした
 
船長は短気だ
 
相手の船長はものすごく短気だ
 
かくして戦争は始ま
 
それから
 
結果から言えば
戦争は人類の勝利に終わ
 
アリ
ロオロンの技術力は圧倒的で
近隣の惑星
を軒並み植民地化するほどの軍備と制圧力を誇
ていた
 
空間を捻じ曲げて艦隊をワ
プさせることによる電撃
作戦も脅威だ
たし
本部の基地は何重もの防御システ
ムにより鉄壁の守りを可能にしていた
 
一方人類は
その滅茶苦茶な物量で強引に攻めた
戦とかは特に考えず
いけいけわ
いみたいな感じ
で頑張
たらなんか勝
てしま
 
数の暴力である
 
アリ
ロオロンが敵兵は殺さず労働力として最大限に
活用するという作戦を取
ていたこともあり
人類側の
被害はほぼ皆無に等しか
 
人類側から出された和平条約と言う名の降伏勧告を渋
受け入れたアリ
ロオロンはこれを屈辱と感じ
以後も
とネチネチと人類に地味な嫌がらせを続ける事に
なる
 
主に船長に
 
こうして
初めてのフ
ストコンタクトは成功とも
失敗とも言えない微妙なものにな
 
アリ
ロオロン及び彼らが支配していた植民地の生物
達との交流も着
と進み
人類は再び大宇宙を漂う
 
それから
 
超光速航行に連続空間跳躍を織り交ぜ五千年ほどのん
べんだらりと漂流を続けていたら
かつて無いほどの大
きい何かに遭遇した
 
何も無い塗りつぶしたかのような真
黒なのでブラ
クホ
ルか何かかな
と迂回してい
たが
それにして
もやたら大きい
 
超銀河団より大きいブラ
クホ
ルにしては引力が弱
すぎる
一体何なんだこれと一行が首を傾げていると
 
それは突然動き出し
くりと銀河団を口に入れた
 
生物だ
 
これには人類もびび
隣で船長を罵倒していたア
ロオロンもお
たまげた
 
全力を持
たワ
プで空域から離脱し
地球へ戻る
三日とかからなか
 
に帰
た地球は残
た人類がごく僅かだ
たため
水と緑に溢れた青の惑星へと逆戻りしていた
 
地球人はスロ
ライフを謳
た狩猟と開墾の原始生活
に明け暮れており
アリ
ロオロンからは
いかにも原
始人とい
た生態だな
と小馬鹿にされる
 
さて
あの超巨大生物をどうするか
 
星団をひ
くるめての一大会議は
な意見が飛び
 
あんなものは危険だ
即刻討伐しよう
とアリ
オロン
 
勝てるわけないでし
あんな規格外の化け物に
とグムタラ
ク星人
 
対話を試みては
とマイニ
サピエンス
 
つまんで喰われるのがオチだ
とヒ
ジラムサラ
 
そもそも我等の声が聞こえるのだろうか
と流星の
 
あんだけデカけり
外も中も大差無いんじ
ないの
と人類
 
と言うか
船長
 
結論としては
あまり気にするものでも無い
と言
うことにな
 
動きもそこまで速くないので
避けようと思えばなん
とでもなるし
 
それから
 
反対方向へ通常航行で気の向くままに四十五グ
ゴル
プレ
クス年ほどぶらりぶらりと泳いでいくと
かきん
と何かにぶつか
 
また戦争になるぞ
よそ見をしてるからだ
とアリ
ロオロンの小言を聞き流しながら外を確認してみる
 
壁だ
動いている
光の速さでそれは奥へと動い
ていた
 
膨張し続ける宇宙の果てに
人類はタ
チしたのだ
 
驚きもしなか
感慨も無か
たし感動もしなか
 
ただ
誰もが等しく思
 
これ邪魔だ
 
船長は一言
全回線を開いてこう言
 
攻撃開始
 
船長は短気だ
 
かくして戦争は始ま
 
全人類と宇宙人の人海戦術による砲撃と
 
本気の本気を出したアリ
ロオロンの反
反物質クラ
スタ
バンカ
に確率変動光子魚雷に高次元素粒子ブラ
スタ
ノンと
 
どこからともなく現れた例の巨大生物のパンチとキ
クが容赦無く壁を抉
てい
 
役に立
た割合で言うと
人類宇宙人連合
アリ
ロオロン
巨大生物
 
壁は壊れた
 
いや
正確には宇宙のシステムそのものが壊れたのだ
ろう
 
差し込んだ眩いばかりの光が宇宙の全てを飲み込み
 
それから
 
神様の逆鱗にでも触れたのだろうか
人類は地球へと
戻された
 
空間跳躍どころか宇宙へ飛び出す技術やノウハウすら
ほとんど失われ
宇宙航海の時代はひとまず幕を閉じた
 
果たしてあの光の差す方には
どんなものが待
てい
たのか
それを知る術は無くはないが
当分お預けだ
 
そういうわけで
 
お前らのせいで我
の技術の結晶が水の泡だ
と愚
痴る旦那と昼寝をしながら
 
私こと船長は今こうして
航海日誌を読み返している
わけだ

前の話 表紙に戻る 次の話

 はまらん 先生に励ましのお便りを送ろう!!