前の話 表紙に戻る 次の話

[←/J] 次のページ   [→/K] 前のページ   [L] 次の話   [H] 前の話
[N] 表示切替   [O] コメントページ  

ep.5 死ぬことに慣れろ (5)

 
俺の刀はさも当たり前のように空を切
そんな攻撃では当たらんぞ
 
軽快なバ
クステ
プで俺の斬撃を交わす
そいつ
 
だが
それでいい
 
相手に防御行動をとらせることで
一瞬だけ相手の気
にそらし
思考を
戦いだけ
に集中させるこ
とができる
坊主
左手の出血を止めろ
ている
だが
長くはもたない
早急に決着をつ
けろ
わか
てる
 
この戦いには三つのル
ルがある
 
第一のル
ルが
公園中
で行うこと
 
第二のル
ルが
武器
指定の獲物
しか使えな
いということ
 
そして第三のル
ルが
相手
殺して初めて勝利
ということである
 
 
武器は指定のもの
というのは俺のサポ
存在の白い少女
冬羽が渡したこの
百日紅
のこと
対戦相手の
少年
が今回は
鎖鎌
とい
たようにど
うやら全員が刀とい
たような武器ではないらしい
 
暗闇の中
鎌が俺を襲う
街灯に刃が反射して一瞬き
と光る
 
良く訓練されている
無駄のない動き
 
こいつは骨が折れるな
だが
こう
何回も
死んでたまるか
 
俺は飛んでくる鎖鎌を
体を無理やりねじ
て最小限
の動きでかわし
一気に間合いを詰める
そして
攻撃すると同時に
どさくさにまぎれて拾い
ポケ
トに
かけて
いた
俺の左手
をここぞとばか
りに投げつける
 
相手の視覚を一瞬だけ飛んでくる
物体
に移せれば
それでいい
 
一瞬
まさに刹那の間
 
相手の懐に飛び込んで相手の心臓を突く
びし
 
刀のはじかれる音
 
そして背中に走る痛み
 
心臓に到達している
今のはち
とひや
としたよ
大輔くん
ぱり
君には驚かされる
 
両ひざから崩れ落ち
あおむけに倒れる
 
土の味が血の味とまざ
てなんとも言えなか
 
そして
一瞬だけ
意識がぷつりと途切れる

前の話 表紙に戻る 次の話

 白辰 先生に励ましのお便りを送ろう!!