前の話 表紙に戻る

[←/J] 次のページ   [→/K] 前のページ   [L] 次の話   [H] 前の話
[N] 表示切替   [O] コメントページ  

8月 祭りの日に

そんな感じであいさつとさせていただき
ます
それでは
本編をお楽しみください
 
在りし日の雄雄しき姿も
今では暗闇にまどろむのみ
そんなとある閉校に
祭りがや
てきた
 
 
ここに記された物語は事実の側面もある
しかし創
作の側面もある
 
 
とある日の出来事も
淡い思いが紡ぎ出す
 
いう
なれば
 
*
 
夏の終わり
今年は残暑見舞いもいらないほど
すぐ
に暑さは影を潜めた
半月前はまだ薄明るか
た時間だが
曇天あいま
て夜
のそれであ
仮にも夏祭りだというのに
半袖で寒いとは思
ても見
なか
 
例年
この時期に劇団が公演を行う
いいタイミングと思
て来たのだろうが
閉校跡地でわ
ざわざやるのも如何なものか
実際
感傷に浸りにきて釣られている奴もいるわけ
 
幕開けにはもう少し
屋台も並べてあるが
夕飯時だ
からか行列にな
ている
食事は諦め
誰もいない学校裏をぼんやりと回る
暗闇に彷徨う亡霊
まずい今回は我ながら洒落にな
ない
入り口が生い茂
て入れない裏庭
塩素を失い黄緑に支
配されるプ
かつて学童農園だ
た草原に
巨大な主
前年度のひま
わりの種が落ちたままだ
たのか
ておしまい
あらほらさ
 
会場であるグラウンドから声が聞こえだす
さて劇も幕を開けたようだが
すまない言わせて
くれ
なんだこの中途半端なパロデ
受け狙いか
それで
受けが取れると思
ているのか
その上キ
ラクタ
混同している
どれだけや
ても芸人のネタがちらつく
わざとか
わざとなのか
いいのか
俺は演劇なんて中
以来や
てないぞ
素人目でもこれはどうなんだ
して今度はご当地ネタか
しかも駄洒落か
貴様ら
鹿にしているのか
ちが滑
たみたいにな
てるじ
ないか
その上時事ネタですか
不祥事ネタですか
ちおうち
としたブランドなのに偽装ネタは洒落にな
らないんですが
なに工作員
ガチで貶めに来たの
舐めてんのか大佐
ちの台詞だ
なにや
てんの
君は
 
失礼しました
 
*
兄さん
兄さんなの
久しぶりじ
ないか
 
にあ
た縁
なんとなく
人で鑑賞した
てきてたんだ
夏休みだしね
また誰かに会えるかと来てみれ
また君だけかい
 
意外と考えることは同じだ
たらしい
役足らずで申し訳ない
いいけど
この
 
某アニメ主題歌に
まさかのボ
カロイド
 
みんな大好き
みんなニコニコ
でもこの場で聴くの
はち
と戦慄
 
なんつ
劇だ
 
 
これが時代か
 
その後
なぜかアニメ談義にな
たことは想像に難く
ない
私は想定の範囲外だ
たが
これは
飛行石
よバ
 
談義に耐えられず
茶番に目を向ける
焼き鳥おいしいよ
地元産の健康的なのだよ
焼き鳥食べたい
 
きみはじつに単純だな
き偽装ネタや
てたぞ
まじか
それはないわ
 
と突
込みをいれつつ
と鑑賞していたその
ときである
想定というものは
一度外れると幾度と外れ続けるらし
まずいものを見つけてしま
アレ見てみ
なになに
あなたは
むしむし
 
やたらイケメンの団子虫が
舞台の上にいた
 
 
*
ム召喚
フハハハハ
粉砕
玉砕
大喝采
 
舞台は暖かい拍手で幕を閉じる
上演時間
まさかの
時間
こんな時間までちび
こを
拘束するのはどうかと思う
テンコ
ルも一段落し
彼女は駆け出した
なにしてんのさ
いや
だんごむし
 
大受けである
探しても見つからないわけだ
旧友は舞台にいた
今年入団したばかりらしい
道理で台詞と出番が少ない
わけだ
それにしても
むしむししか言
てないじ
んか
しかしやたらイケメンの団子虫である
いや
背も高いね
とよこせ
 
気づいたら私の身長より高くな
ていたらしい
悔しい
これから打ち上げだから
まじか
つれてけ
 
適当にあしらい
彼は去
てい
手には差し入れ
の酒
てめ
未成年だろ
 
わたしも酒のみたい
傍らの彼女はぶ
れ続ける
さて
晩飯食い損ねて腹が減
てしま
まじでか
焼き鳥食べに行こうよ
君の奢りで
 
貴様
今何と言
あのイケメンめ
女でもたらしこんでないかね
そういう貴女は男おらんのかね
ないない
君も無縁かね
つきあ
てください
 
彼女は
微妙な顔をして
冗談と判断して
差し出し
たその手へ焼き鳥串を刺した
 
*
 
 
ここに記された物語は事実の側面もある
しかし創
作の側面もある
 
 
 
 
とある日
の出来事も
淡い思いが紡ぎ出す

前の話 表紙に戻る

 戸付 湯歌 先生に励ましのお便りを送ろう!!